難病ケア看護データベース
 
  1. Home>
  2. 研究業績>
  3. 2010
 
研究業績
 
 
2010
 

原 著

 
1.*松田千春、中山優季、小倉朗子、大竹しのぶ、板垣ゆみ、長沢つるよ、原口道子.ALS在宅長期人工呼吸療養者の口腔内状況と口腔ケア方法の現状と課題.日本難病看護学会誌,2010;14:195-200. (査読有)
2.*中山優季、小倉朗子、松田千春.意思伝達困難時期にあるALS人工呼吸療養者における対応困難な症状とその対応に関する研究.日本難病看護学会誌.2010;14:179-193.(査読有)
 

総 説

 
1.*山本由子、亀井智子、梶井文子、中山優季. テレナーシング看護モニターセンターにおける在宅HOT患者のテレナーシング時間と内容の検証-ランダム化比較試験介入群12例の報告から-.日本遠隔医療学会雑誌 2010;6:136-8.
2.*中山優季.難病療養者が教えてくれた難病看護の魅力,季刊ナースアイ2010;24:82-101.
3.*小倉朗子.安全に、安心して生活し、社会参加活動を実現するための通所サービスの展望、季刊ナースアイ2010;23:70-78.
4.*小倉朗子.医療処置管理を必要とする方々の安心で安全な在宅療養をめざして,難病と在宅ケア2010;16:8.
 

その他(著書、雑誌編集、報告書など)

 
1.中山優季.病態生理ビジュアルマップ4筋萎縮性側索硬化症,重症筋無力症. 人体の構造と機能からみた 病態生理マップ(4)(佐藤千史,井上智子監),医学書院,東京,2010,147-61.
 

学会発表/抄録 (国際学会)

 
1.Nakayama Y, Ogura A, Matsuda C, Shimizu T, Cazzolli PA, Brooks BR. Oral Secretions Scale [OSS] – Test-Re-Test Reliability Pilot Study in a Japanese Amyotrophic Lateral Sclerosis [ALS] Population. 21thInternational Symposium on ALS/MND,2010.12.8,Orland,FD,USA.
 

学会発表/抄録 (国内学会)

 
1.中山優季,小倉朗子,長沢つるよ,市村圭子.筋ジストロフィー者における集団呼吸リハビリの成果と課題. 第20回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,2010.10.2,長崎.
2.松田千春,中山優季,小倉朗子,長沢つるよ,大竹しのぶ,板垣ゆみ,原口道子.ALS療養者の意思伝達手段の変遷と看護の役割, 第15回日本難病看護学会学術集会,2010.8.27,山形.
3.中山優季,松田千春,長沢つるよ,板垣ゆみ,大竹しのぶ,原口道子,小倉朗子.人工呼吸ALS療養者における従来のALS症状以外の症状と対応に関する研究. 第15回日本難病看護学会学術集会,2010.8.27,山形.
4.原口道子,小倉朗子,本田彰子,大木正隆,中山優季,川村佐和子.在宅療養者に対する「たんの吸引」の提供体制における訪問看護師と関係職種との連携状況に関する実態(第2報). 第15回日本難病看護学会学術集会,2010.8.27,山形.
5.中山優季,小倉朗子.在宅人工呼吸療養者における遠隔SPO2モニタの有用性に関する検討. 第32回日本呼吸療法医学会学術集会,2010.7.24,東京.
6.小倉朗子,岡戸有子,高橋香織,川崎芳子,中山優季,長沢つるよ,松田千春,小川一枝,兼山綾子,原口道子,板垣ゆみ,大竹しのぶ.神経難病在宅人工呼吸療養におけるインシデント・アクシデントと対策に関する研究. 第15回日本難病看護学会学術集会,2010.8.27,山形.
 
ー TOPに戻る ー
© IGAKUKEN [ALS Nursing Care Project]
PAGE TOP