難病ケア看護データベース
 
  1. Home>
  2. 研究業績>
  3. 2014
 
研究業績
 
 
2014
 

原 著

 
1.Nakayama Y, Shimizu T, Mochizuki Y, Hayashi K,Matsuda C, Nagao M, Watabe K, Kawata A, Oyanagi K, Isozaki E, Nakano I. Predictors of impaired communication in amyotrophic lateral sclerosis patients with tracheostomy invasive ventilation, Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration
2.Oyanagi K, Mochizuki Y, Nakayama Y, Hayashi K, Shimizu T, Nagao M, Hashimoto T, Yamazaki M, Matsubara S, Komori T. ,(2015) Marked preservation of the visual and olfactory pathways in ALS patients in a totally locked-in state. Clinical Neuropathology, 34(5):267-74.2015
3.*Takeda T, Uchihara T, Nakayama Y, Nakamura A, Sasaki S, Kakei S, Uchiyama S, Duyckaerts C, Yoshida M.Dendritic retraction, but not atrophy, is consistent in amyotrophic lateral sclerosis-comparison between Onufs neurons and other sacral motor neurons.Acta Neuropathologica Communications. 2014, 27;2(1):11.(査読有)
4.板垣ゆみ, 小倉朗子, 中山優季, 原口道子, 松田千春, 小川一枝, 長沢つるよ, 川崎芳子, 小森哲夫. (2015) 在宅人工呼吸器使用特定疾患患者訪問看護治療研究事業の実績報告書の分析からみる訪問看護のニーズ. 日本難病看護学会誌, 19(3):255-264.
5.石島健太郎, 川口有美子, 橋本操, 小長谷百絵, 中山優季 ,岡部宏生.(2015)人工呼吸器装着ALS療養者を親にもつ介護者の負担感. 日本難病看護学会誌, 19(3):229-243.
6.*山居優子, 永田智子, 小倉朗子, 中山優季, 村嶋幸代.(2014)筋萎縮性側索硬化症患者の胃瘻造設実施時期に影響する要因-情報提供のされ方と患者・家族の受け止めに焦点を当てて-.日本難病看護学会誌 19(2):163-173.
 

その他(著書、雑誌編集、報告書など)

 
1.中山優季 (2015). MDTを育む難病看護. JIM 特集 神経難病ケアのコペルニクス的転換総合診療,25(3),250-251
2.中山優季(2015). 米国ALSコンサルトナースの活動に学ぶ. 難病と在宅ケア,20(10),17-20.
3.中山優季(分担執筆)(2015). 在宅人工呼吸療法―適用、開始のステップ、医療機関内での実施との相違点 (機器・機材の相違、チーム)成果と課題. 槇田浩史編集,呼吸療法update,58-74,真興交易(株)
4.中山優季(分担執筆)(2014). IV-5在宅酸素療法・IV-6在宅人工呼吸療法. 正野逸子,本田彰子編著,在宅看護技術,214-240,メヂカルフレンド社
5.中山優季(分担執筆)(2014). 在宅人工呼吸ケア, 道又元裕編著,新人工呼吸ケアのすべてがわかる本,377-403, 照林社
6.*中山優季.呼吸症状への看護,栄養症状への看護,安定維持期の看護. ナーシングアプローチ 難病看護の基礎と実践(川村佐和子監,中山優季編著),桐書房,東京,2014;83-101,167-73(総253)
7.中山優季.第11章在宅における医療処置の工夫展と留意点,7在宅人工呼吸管理,8気管カニューレ,9吸引第12章在宅療養者に多い疾患の進行予防とケア,神経難病の進行予防とケア:これからの在宅看護論(島ノ内節・亀井智子編著),ミネルヴァ書房,京都,2014;169-177, 233-236.
 

学会発表/抄録 (国際学会)

 
1.*Cazzolli PA, Brooks BR,Lewarski J,Mckim D, Nakayama Y, Chatburn R. Independent factors associated use of Noninvasive Ventilation(NIV)in patients with ALS/MND. 25th International Symposium on ALS/MND(Brussels) (2014.12.6)Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration.15( S1)
2.Cazzolli PA, Brooks BR,Lewarski J,Mckim D, Nakayama Y, Chatburn R. Factors associated with failed use of Noninvasive Ventilation (NIV) in patients with Amyotrophic Lateral Sclerosis(ALS).14th International conference on Home mechanical Ventilation (2015.3.28) Abstract book 30
3.*Nakayama Y, Matsuda C, Shimizu T, Mochizuki Y, Hayashi K, Nagao M, Kawata A, Oyanagi K, Nakano I. Comparison of Communication Ability Stage with Adverse Clinical Signs in Patients with Amyotrophic Lateral Sclerosis (ALS) on Tracheostomy Invasive Ventilation (TIV). 25th International Symposium on ALS/MND( Brussels) (2014.12.6 )Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration.15( S1)
4.Ishijima K, *Kawaguchi Y,Hashimoto M,konagaya M,Nakayama Y, Okabe H. Results from an interview survey of the daughters (caregivers) of ALS patients (1) Causes of Psychological Burden. 25th International Symposium on ALS/MND( Brussels) (2014.12.6 )Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration.15( S1)
5.*Hayashi K, Mochizuki Y, Nakayama Y, Nagao M, Shimizu T, Komori T, Arai N, Nakano I. Cerebal lesions of Amyotrophic Lateral Sclerosis (ALS) patients in communication ability stage V: Totally locked- in state.25th International Symposium on ALS/MND( Brussels) (2014.12.5)Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration.15( S1)
6.*Mochizuki Y, Hayashi K, Nakayama Y, Shimizu T, Kamide M, Ogino M, Komori T, Isozaki E, Nakano I.Resporatory-Aided, Long-Term survival cases of Amyotrophic Lateral Sclerosis (ALS) with communication abilities, Motoneuron system-confined deseneration and scantyTDP-43 aggregation -A subgroup ofALS?. 25th International Symposium on ALS/MND( Brussels) (2014.12.5)Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration.15( S1)
 

学会発表/抄録 (国内学会)

 
1.*原口道子,中山優季,松田千春,小倉朗子,板垣ゆみ. 筋萎縮性側索硬化症の症状進行の予測的判断に基づく外来看護-訪問系サービスの利用状況との関係-第34回日本看護科学学会(名古屋),日本看護科学学会抄録集, 2014 (2014.11.30)
2.*松田千春,中山優季,原口道子,板垣ゆみ,小倉朗子. 低定量持続吸引可能な自動吸引システム実施に関する成果と課題の検討, 第34回日本看護科学学会(名古屋),日本看護科学学会抄録集, 2014 (2014.11.29)
3.*中山優季, 林健太郎, 平井健, 望月葉子, 川田明広, 中野今治. 意思伝達能力ステージ進行要因の検討:在宅人工呼吸療法実施中の筋萎縮性側索硬化症患者の随伴症状の比較より, 第32回日本神経治療学会総会(東京),2014.11.21,日本治療学会誌
4.*中山優季,松田千春,原口道子,小倉朗子. ALS長期在宅人工呼吸(LTMV)における呼吸管理上の課題.第24回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会(奈良),2014.10.25.日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌24巻suppl,pp ,2014
5.*中村美子,中山優季,松田千春,長谷川良平. シールド機能つきヘッドギアを使用した実用化BMIとしてのニューロコミュニケーター第3報 Neurocommunicator 3.0 as a practical BMI system with the shielded headgear, 第37回日本神経科学大会(横浜),2014.9.12
6.*小倉朗子,板垣ゆみ,谷口亮一,本田理,窪川良廣,若林研司,原口道子,中山優季,松田千春. 地区医師会における難病の地域ケアシステムに関わる諸活動の歴史と成果. 第19回日本難病看護学会学術集会,広島,2014.8.30,広島国際大学,日本難病看護学会誌19(1)
7.*川口有美子,石島健太郎,小長谷百絵,中山優季,橋本操,岡部宏生. ALS患者の娘(介護者)を対象としたインタビュー調査から(2)‐負担軽減のための提案. 第19回日本難病看護学会学術集会,広島,2014.8.30,広島国際大学,日本難病看護学会誌19(1)
8.*石島健太郎,川口有美子,橋本操,小長谷百絵,中山優季,岡部宏生. ALS患者の娘(介護者)を対象としたインタビュー調査から(1)‐精神的負担の原因.第19回日本難病看護学会学術集会,広島,2014.8.30,広島国際大学,日本難病看護学会誌19(1)
9.*長沢つるよ,小川一枝,川﨑芳子,荒井紀恵,中山優季,原口道子,小倉朗子. 在宅人工呼吸器使用者の災害発生時の安否確認-訪問看護ステーション用のチェック表作成-第19回日本難病看護学会学術集会,広島,2014.8.30,広島国際大学,日本難病看護学会誌19(1)
10.*松田千春,中山優季,原口道子,板垣ゆみ,小倉朗子. 低定量持続吸引可能な自動吸引システムの使用状況に関する実態調査.第19回日本難病看護学会学術集会,広島,2014.8.30,広島国際大学,日本難病看護学会誌19(1),p53
11.中山優季,望月葉子. 公開セミナー2意思伝心:伝いあい続けるために. 第19回 日本難病看護学会学術集会 公開セミナー,広島,2014.8.29,広島国際大学,日本難病看護学会誌19(1),p5
12.*原口道子、小倉朗子,中山優季,松田千春,板垣ゆみ. 在宅神経難病療養者の医療安全に関する検討-訪問看護師が把握したヒヤリハット事象の分析-,第19回日本難病看護学会学術集会,広島,2014.8.29,広島国際大学,日本難病看護学会誌19(1),p49
13.*林健太郎,望月葉子,中山優季,清水俊夫,長尾雅裕,川田明広,中野今治, 意思伝達不能状態(stageⅤ)となった筋萎縮性側索硬化症(ALS)の脳萎縮と臨床像, 第55回日本神経学会学術大会,福岡,2014.5.24,プログラム・抄録集,p733
 
ー TOPに戻る ー
© IGAKUKEN [ALS Nursing Care Project]
PAGE TOP