難病ケア看護データベース
 
  1. Home>
  2. 研究業績>
  3. 2016
 
研究業績
 
 
2016
 

原 著

 
1.Shimizu.T,Takata K, Sakata A, Nagaoka.U, IchiharaN, Ishida C,Nakayama.Y,Komori T, Nishizawa M. The measurement and estimation of total energy expenditure in Japanese patients with ALS: A doubly labelled water method study. Amyotrophic Lateral Sclerosis and FrontotemporalDegeneration 18(1-2),37-45,2017 http://dx.doi.org/10.1080/21678421.2016.1245756
2.Mochizuki Y, Hayashi K, Nakayama Y, Shimizu T, Kamide M, Ogino M, Komori T, Hasegawa M, Isozaki E, Nakano I. ALS patients with ability to communicate after long-term mechanical ventilation have confined degeneration to the motor neuron system. J Neucol Sci 2016;363:245-8. 査読有
3.*Matsuda C, Shimizu T, Nakayama Y, Haraguchi M, Hakuta C, Itagaki Y, Ogura A, Murata K, Taira M, Numayama T, Kinoshita M.(2016) Macroglossia in advanced amyotrophic lateral sclerosis. Muscle & Nerve.54:386-390.査読有, DOI: 10.1002/mus.25058.
4.*Bokuda K, Shimizu T, Imamura K, Kawata A, Watabe K, Hayashi M, Nakayama Y, Isozaki E, Nakano I. (2016) Predictive factors for prognosis following unsedated percutaneous endoscopic gastrostomy in ALS patients. Muscle & Nerve. 査読有, 2016;54:277-283. DOI: 10.1002/mus.25051.
5.*Nakayama Y, Shimizu T, Mochizuki Y, Hayashi K, Matsuda C, Nagao M, Watabe K, Kawata A, Oyanagi K, Isozaki E, Nakano I. (2016) Predictors of impaired communication in amyotrophic lateral sclerosis patients with tracheostomy invasive ventilation. Amyotroph Lateral Scler Frontotemporal Degener , 17(1-2):38-46査読有, DOI: 10.3109/21678421.2015.1055276.
6.松田千春,清水俊夫,中山優季,原口道子,望月葉子,白田千代子,泰羅雅登,沼山貴也,木下正信.気管切開下陽圧換気導入後の筋萎縮性側索硬化症患者の安静時唾液分泌量.臨床神経2016;56(7):465−471.査読有.
7.板垣ゆみ,川田明広,松田千春,原口道子,小倉朗子,中山優季. (2016) 東京都の人工呼吸器装着中の孤発性筋萎縮性側索硬化症患者の人工呼吸・栄養療法の導入状況と療養環境の変化-2006年度と2012年度の臨床調査個人票の比較を通して-, 神経治療学, 33(6):.(査読有)
 

その他(著書、雑誌編集、報告書など)

 
1.松田千春,板垣ゆみ(分担執筆),貝瀬友子,真野響子(編集協力).看護学生のための疾患別看護過程1第2版,p312-325,メヂカルフレンド社2017/3/17
2.関屋智子,中山優季(総説)2016.12 難病看護師が語る、つながる、そして一つの○(まる)になる―つながる難病看護、病棟からの発信を終えてー.日本難病看護学会誌, ,21(2),147-148,2016
3.川村佐和子監修、中山優季編集(編著),難病看護の基礎と実践,改訂版桐書房、II-1看護実践 症状・障害とその看護 呼吸障害への看護 栄養症状への看護 療養行程とその看護 安定(維持)期の支援2016/11/20
4.中山優季(総論)、在宅における難病ケアの現状と課題 特集 日々の「快」を支え、可能性を広げる難病ケア,訪問看護と介護,21(9),684-689,2016 H28.9
5.岡部宏生,酒井ひとみ,橋本操,橋本佳代子,吉藤健太朗,中山優季(座談会)療養者とともに築いていく難病ケア 自由な活動や生活を支えるコミュニケーション 特集 日々の「快」を支え、可能性を広げる難病ケア,訪問看護と介護,21(9),704-712,2016
6.河原仁志,中山優季編集(編著).快をささえる 難病ケア スターティングガイド,224-229,医学書院,東京,2016(全236頁)看護の原点としての難病2016/7/15
7.中山優季(分担執筆)川口有美子,小長谷百絵編集.在宅人工呼吸器ケア実践ガイド-ALS生活支援のための技術・制度・倫理,p19-32,医歯薬出版,東京,2016(全167頁)非侵襲的呼吸管理2016/6/25
 

学会発表/抄録 (国際学会)

 
1.Yamamoto Y,KameiT, Kanamori T, Nakayama Y,kamei N, Tofukuji I,Nakajima N.  An Investigation of Telenursing Assessment Content for Elderly Patients Living at Home: Analysis of Nursing Records by Text Mining Successes & Failures in Telehealth 2016 New Zealand, 2016
2.KameiT , Yamamoto Y, Kanamori T, Nakayama Y,kamei N, Tofukuji I,Nakajima N. Patient’s Symptoms and Telehome Monitoring-based Telenursing System for COPD, ALS, and DM (CAD) Patients Successes & Failures in Telehealth 2016 New Zealand, 2016
 

学会発表/抄録 (国内学会)

 
1.中山優季,倉下美和子,嶋守恵之.療養者と看護者の人生を豊かにする 難病看護が教えてくれた諦めない看護の醍醐味.第6回日本在宅看護学会学術集会,シンポジウム2,2016.11.20 東京都(招待講演)
2.中山優季.切れ目のない地域呼吸ケアを目指して。筋萎縮性側索硬化症患者の地域呼吸ケア体制の構築における看護の役割.第58回日本呼吸療法医学会,シンポジウム7,2016.7.17名古屋(招待講演)
3.中山優季,松田千春,原口道子. 筋萎縮性側索硬化症療養者における生体信号装置を用いた意思伝達支援. 第36回日本看護科学学会学術集会, 日本看護科学学会プログラム集,2016.12.11東京都
4.原口道子,中山優季,松田千春,村田加奈子,板垣ゆみ,小倉朗子. 在宅療養支援における看護職と介護職の連携得点の差に影響する要因―連携の質指標による分析―第36回日本看護科学学会学術集会, 日本看護科学学会プログラム集,2016.12.10東京都
5.谷口珠美,中山優季,松田千春,申于定,五十嵐雪絵,川田明広,谷口亮一,三井貴彦,武田正之. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者に対する骨盤底筋訓練による筋力の変化と排泄症状への影響. 第23回日本排尿機能学会,2016.12.8 東京都
6.原口道子,中山優季,松田千春,板垣ゆみ,小倉朗子. 在宅人工呼吸管理における入浴介助に関連したヒヤリハット事例のリスク分析. 第6回日本在宅看護学会学術集会,抄録集,2016.11.20 東京都
7.*橋本英子,田中勇次郎,小川一枝,前川あゆみ,中山優季,小倉朗子,原口道子.神経難病医療ネットワーク事業におけるコミュニケーション支援の取組みと課題. 第4回日本難病医療ネットワーク学会学術集会,日本難病医療ネットワーク学会機関誌,2016.11.18~19愛知県
8.*申于定,中山優季,原口道子,亀井智子.ALS患者に対するテレナーシングの意義と活用の質的検討. 第4回日本難病医療ネットワーク学会学術集会,日本難病医療ネットワーク学会機関誌,2016.11.18~19 愛知県
9.*板垣ゆみ,川田明広,松田千春,原口道子,小倉朗子,中山優季.東京都の人工呼吸器装着中孤発性ALS患者の医療処置導入状況と療養環境の変化―平成18年度と24年度の臨床調査個人票の比較から―. 第4回日本難病医療ネットワーク学会学術集会,日本難病医療ネットワーク学会機関誌,2016.11.18~19 愛知県
10.*小川一枝,橋本英子,前川あゆみ,中山優季.ALSでTPPVの単身生活を支えてきたもの―介護者へのインタビューからその要因を探る. 第4回日本難病医療ネットワーク学会学術集会,日本難病医療ネットワーク学会機関誌,2016.11.18~19 愛知県
11.松田千春,清水俊夫,中山優季,原口道子,望月葉子,白田千代子,泰羅雅登,沼山貴也,木下正信.気管切開下陽圧換気導入後の筋萎縮性側索硬化症患者の安静時唾液分泌量..第4回日本難病医療ネットワーク学会学術集会,日本難病医療ネットワーク学会機関誌,2016.11.18~19 愛知県
12.清水俊夫,林健太郎,長尾雅裕,中山優季,望月葉子,木田耕太,小柳清光,小森隆司,川田明広,磯崎英治.完全閉じ込め状態に至った筋萎縮性側索硬化症患者の中枢体性感覚路の生理学的・放射線学的・病理学的検討 第46回日本臨床神経生理学会学術大会,郡山,2016.10.28~29
13.中山優季,原口道子,申于定,亀井智子.進行期ALS患者におけるテレナーシングの有用性.第26回呼吸ケアリハビリテーション学会,2016.10.11横浜
14.中山優季. 難病看護師が語る、つながる、そしてひとつの○(まる)になる―つながる難病看護、病棟からの発信―. 第21回日本難病看護学会,公開交流集会3,2016.8.27 北海道
15.*原口道子, 中山優季, 松田千春, 板垣ゆみ, 小倉朗子. 外来通院する筋萎縮性側索硬化症療養者の訪問看護利用との関係. 第21回日本難病看護学会,日本難病看護学会抄録集,2016.8.27 北海道
16.*小川一枝,橋本英子, 中山優季, 鈴木道. ALSでTPPVの単身生活を支えてきたもの第21回日本難病看護学会,日本難病看護学会抄録集,2016.8.27 北海道
17.*中山優季,原口道子,川村佐和子.難病看護の専門性と特徴 ~難病看護の定義に向けて~.第21回日本難病看護学会,日本難病看護学会抄録集,2016.8.26 北海道
18.*松田千春,中山優季,原口道子,板垣ゆみ,小倉朗子. 筋萎縮性側索硬化症人工呼吸療養者の意思伝達能力障害ステージと合併症との関連. 第21回日本難病看護学会,日本難病看護学会抄録集,2016.8.26 北海道
19.*谷口珠実,中山優季,松田千春,申于定,五十嵐雪絵,川田明広,谷口亮一. 筋委縮性側索硬化症患者の排泄症状に対する骨盤底筋訓練の初期評価. 第21回日本難病看護学会,日本難病看護学会抄録集,2016.8.26 北海道
20.原口道子, 小倉朗子, 中山優季在宅人工呼吸管理のリスク分析に基づく在宅特有の発生要因-在宅医療安全ヒヤリハット情報システム公開事例の分析-. 第19回日本看護管理学会学術集会, 横浜(2016.8.19)
21.原口道子, 中山優季, 松田千春, 村田加奈子, 板垣ゆみ, 小倉朗子. 在宅療養者支援における看護職と介護職の連携の認識-連携の質指標による比較-第18回日本在宅医学会大会・第21回日本在宅ケア学会学術集会合同大会, 東京(2016.7.17)
22.清水俊夫,中山優季,望月葉子,林健太郎,木田耕太,木村英紀,長尾雅裕,川田明広,磯崎英治,小柳清光.完全閉じ込め状態にある筋萎縮性側索硬化症患者における中枢感覚機能の評価 第57回日本神経学会学術大会,神戸,2016.5.18~21
 
ー TOPに戻る ー
© IGAKUKEN [ALS Nursing Care Project]