難病ケア看護データベース
 
  1. Home>
  2. 研究業績>
  3. 2017
 
研究業績
 
 
2017
 

原 著

 
1.ShinW * , Inoue T , Nakayama Y , Yokota T , Yoshino H , Tanaka M (2017) Intention Formation Process for the Use of Tracheostomy and Invasive Ventilation in Patients with Amyotrophic Lateral Sclerosis. Open Journal of Nursing 7(10) : 1101-1114
2.Nakayama Y , Shimizu T , Matsuda C , Mochizuki Y , Hayashi K , Nagao M , Kawata A , Isozaki E (2017) Non-Motor Manifestations in ALS Patients with Tracheostomy and invasive ventilation. Muscle & Nerve 57(5) : 735-741
3.Nakayama R * , Nishiyama A , Matsuda C , Nakayama Y , Hakuta C , Shimada M (2017) Oral health status of hospitalized amyotrophic lateral sclerosis patients: a single-centre observational study. Acta Odontol Scand : 1-5
4.Shimizu T , Ishikawa-Takata K , Sakata A , Nagaoka U , Ichihara N , Ishida C , Nakayama Y , Komori T , Nishizawa M (2017) The measurement and estimation of total energy expenditure in Japanese patients with ALS: A doubly labelled water method study. Amyotrophic Lateral Sclerosis and FrontotemporalDegeneration 18(1-2) : 37-45
5.Shimizu T , Ishikawa-Takata K , Sakata A , Nagaoka U , Ichihara N , Ishida C , Nakayama Y , Komori T , Nishizawa M (2017) The measurement and estimation of total energy expenditure in Japanese patients with ALS: A doubly labelled water method study. Amyotrophic Lateral Sclerosis and FrontotemporalDegeneration 18(1-2) : 37-45
6.東京都の人工呼吸器装着中の孤発性筋萎縮性側索硬化症患者の 人工呼吸・栄養療法の導入状況と療養環境の変化 ‐2006年度と2012年度の臨床調査個人票の比較を通して‐ 板垣ゆみ, 川田明広, 松田千春, 原口道子, 小倉朗子, 中山優季 神経治療学(Web) 33(6) 646‐651(J‐STAGE) 2017年 [査読有り]
 

その他(著書、雑誌編集、報告書など)

 
1.中山優季 (2017) (分担執筆)筋萎縮性側索硬化症.道又元裕監修 関連図と検査で理解する疾患 病態 生理パーフェクトガイド, 総合医学社 : 32-36
2.中山優季 (2017) (分担執筆) 訪問看護お悩み相談室平成29年度改定対応版,日本訪問看護財団編集, 中央法規 : 222-241
3.原口道子 (2017) 医療を要する在宅療養者支援における看護職・介護職間の連携の質指標の開発. 地域ケアリング 19(1) : 68-70
4.原口道子 (2017) 喀痰吸引等認定特定行為業務の制度. 厚生労働行政推進調査事業費補助金難治性疾患等政策研究事業「難病患者の地域支援体制に関する研究」平成28年度分担研究報告書「難病の保健師研修テキスト」 : 114-118
5.原口道子 (2017) 在宅人工呼吸管理のリスクマネジメント. 在宅医療市場に向けたマーケティングと製品開発 技術情報協会 : 365-373
6.原口道子 (2017) "在宅看護"実習を可視化・言語化する4つのSTEP. 教員・訪問看護師・学生すべてが活用できる在宅看護の実習ガイド 日本看護協会出版会 : 180-187
7.白澤正和 , 五十嵐智嘉子 , 高良麻子 , 鷲見よしみ , 齊木大 , 中林弘明 , 原口道子 , 南幸子 , 村岡真由美 , 村田雄二 , 山内賢治 (2017) 平成28年度厚生労働省介護支援専門員研修改善事業報告書. 日本介護支援専門員協会
8.原口道子 (2017) 訪問看護におけるリスクマネジメント-医療機器管理や医療処置におけるリスクマネジメント, 栄養療法-, 看護技術 63(5) : 51-57
9.原口道子 (2017) 難病保健活動. 保健師国家試験のためのレビューブック2018第18版 株式会社メディックメディア : 137-141
10.原口道子 (2017) 難病保健活動. クエスチョン・バンク保健師国家試験問題解説2018第10版 株式会社メディックメディア : 287-303
11.中山優季* , 板垣ゆみ , 原口道子 , 小倉朗子 , 松田千春 , 小森哲夫 (2017) 「在宅人工呼吸器使用患者支援事業」の実績報告書の分析 平成29年度 厚生労働行政推進調査事業費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)分担研究報告書
12.中山優季* , 原口道子 , 小森哲夫 , 小倉朗子 , 本田彰子 , 小長谷百絵 (2017) 日本難病看護学会認定・難病看護師輩出と実践状況~ベストプラクティスから~ 平成29年度 厚生労働行政推進調査事業費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)分担研究報告書
13.中山優季 (2017) (総説) 特集 TLS(完全閉じ込め)にさせない挑戦 Totally Locked-in Stateの現状と概況. 難病と在宅ケア 23(1) : 5-9
14.原口道子* , 中山優季 (2017) (総説)難病看護師の交流―専門性のシナジー効果・専門性の創出― 日本難病看護学会誌 22(2) : 119
15.中山優季* (2017) (総説). パネルディスカッション難病看護師への期待:社会のニーズに応えるために~難病看護のホップステップジャンプから~ 日本難病看護学会誌 22(2) : 103-106
16.原口道子 , 小倉朗子 , 松田千春 , 小森哲夫 , 宮原舞 , 篠沢友美 , 櫻井和香 , 山岸利恵子 , 中山優季* , 板垣ゆみ (2017) 難病患者の生活実態を調査するための調査票開発 平成29年度 厚生労働行政推進調査事業費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)分担研究報告書
17.小川一枝 , 小倉朗子 (2017) 難病の保健師研修テキスト(基礎編)平成28年度厚生労働行政推進調査事業費補助金難治性疾患等政策研究事業難病患者の地域支援体制に関する研究 難病保健活動の推進に関する分担研究報告書
 

学会発表/抄録 (国際学会)

 
1.P Cazzolli *, B Brooks, Y Nakayama,S Holt, J Lewarski, D McKim,R Chatburn. The Oral Secretion Scale (OSS)predicts tolerance of non-invasive ventilation (NIV), the need for hospice or transition to tracheostomy ventilation (TV) and prognostic factors for survival in patients with ALS/MND. 28th International Symposium on ALS/MND( Boston)(2017.12.11),Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration.18( S1) 52-53,2017 その他
2.YAMAMOTO Y *, KAMEI T, KANAMORI T, NAKAYAMA Y, KAMEI N, TOFUKUJI I,Evaluation of telenursing practical seminars for older adults with chronic disease and clarification of monitoring system issues in Japan, Successes and Failures in Telehealth(SFT2017) 8th Annual Meeting of Austlasian Telehealth Society(合同開催), Brisbane, Australiaその他
 

学会発表/抄録 (国内学会)

 
1.中山優季, パネルディスカッション:難病看護師への期待:社会のニーズに応えるために 第22回日本難病看護学会,22(1),14,2017.8.26招待講演
2.Nakayama Y. Adverse Clinical Signs and Outcomes in Long-term Home Mechanical Ventilation Users with Amyotrophic Lateral Sclerosis. 17th TMIMS International Symposium,2017.8.24招待講演
3.松田千春*,原口 道子, 中山優季, 板垣 ゆみ, 小倉 朗子.筋萎縮性側索硬化症患者におけるCough Peak Flowの低下と臨床的特徴との関係.第37回日本看護科学学会学術集会,仙台市その他
4.原口道子*,中山優季, 松田千春, 板垣ゆみ, 小倉朗子. 在宅療養支援における安全管理体制と看護職・介護職の連携状況の関連, 第37回日本看護科学学会学術集会,仙台市その他
5.前川あゆみ*,小川一枝,橋本英子,中山優季,小倉朗子,原口道子,藤本ひとみ,土屋哲也,小林一司東京都神経難病医療ネットワーク事業における難病医療専門員活動報告~活動を通してみえてきた地域支援に関する課題~第13回東京都福祉保健医療学会,抄録集64-65.その他
6.清水俊夫*、中山優季、筋萎縮性側索硬化症における体性感覚誘発電位皮質成分の増高は生命予後の予測因子である第47回日本臨床神経生理学会学術大会,横浜,その他
7.板垣ゆみ*、中山優季、原口道子、松田千春、小倉朗子. 在宅人工呼吸器使用難病患者 の看護内容 在宅人工呼吸器使用特定疾患患者 訪問看護治療研究事業の報告書から第 回日本在宅看護学会その他
8.板垣 ゆみ*, 中山優季、原口道子、松田千春、小倉朗子. 平成27 年度東京都の臨床調査個人票からみた神経筋疾患患者の人工呼吸器装着状況第35回日本神経治療学会.その他
9.中山優季*,清水俊夫、松田千春、原口道子、川田明広.侵襲的人工呼吸器装着下の筋萎縮性側索硬化症患者における体重の推移.第35回日本神経治療学会 (優秀演題賞)その他
10.原口道子*,中山優季, 松田千春, 板垣ゆみ, 小倉朗子,清水俊夫.筋萎縮性側索硬化症患者の外来における症状変化と通院状況.第35回日本神経治療学会(優秀演題賞)その他
11.谷口珠実*,中山優季,松田千春,川田明広,谷口亮一,三井貴彦,武田正之. 筋萎縮性側索硬化症患者に対する骨盤底筋訓練の継続による筋力と排泄症状、QOLへの影響.第24回日本排尿機能学会その他
12.田中勇次郎*,橋本英子,前川あゆみ,小川一枝, 原口道子,小倉朗子,中山優季,藤本ひとみ,土屋哲也,小林一司.神経難病患者に携わる訪問リハスタッフへの支援~東京都神経難病医療ネットワーク事業におけるコミュニケーション支援の経験から~.第5回日本難病医療ネットワーク学会学術集会,その他
13.小川一枝*,橋本英子,前川あゆみ,原口道子,小倉朗子,中山優季,藤本ひとみ,土屋哲也,小林一司.東京都神経難行医療ネットワーク事業における難病医療専門員の活動をとおした支援者支援第5回日本難病医療ネットワーク学会学術集会.(優秀口演賞)その他
14.小倉朗子*,小川一枝,板垣ゆみ,原口道子,松田千春,中山優季.都道府県保健所および保健所設置市(含む特別区)における難病対策地域協議会第5回日本難病医療ネットワーク学会学術集会その他
15.中山優季*,板垣ゆみ,原口道子,松田千春,小倉朗子,小森哲夫.在宅人工呼吸器使用特定疾患患者訪問看護治療研究事業の利用状況~制度創設から15年を経て~.第5回日本難病医療ネットワーク学会学術集会その他
16.T. Shimizu *, K. Bokuda, H. Kimura, Y. Nakayama, A. Kawata, E. Isozaki1, Y. Ugawa.Sensory Cortical Excitability AND SURVIVAL PROGNOSIS IN PATIENTS WITH AMYOTROPHIC LATERAL SCLEROSIS.第58回日本神経学会, XXIII World Congress of Neurologyその他
17.M. Nagao *, K. Hayashi, T. Shimizu1, E. Isozaki, T. Komori, Y. Nakayama.TOTALLY LOCKED-IN STATE IS ASSOCIATED WITH THE MIDBRAIN ATROPHY 第58回日本神経学会, XXIII World Congress of Neurologyその他
18.NakayamaY *.ShimizuT.MatsudaC, Haraguchi M, Bokuda K, Hayashi K, Nagao M, Kawata A, Isozaki E.Non-motor symptoms during disease progression in ALS patients with tracheostomy and invasive ventilation.第58回日本神経学会, XXIII World Congress of Neurologyその他
19.原口道子*,中山優季,松田千春,小倉朗子,板垣ゆみ,小森哲夫難病のケアマネジメントに関する研修ニーズの検討第22回日本難病看護学会学術集会,その他
20.板垣ゆみ*,中山優季,原口道子,松田千春,小倉朗子、小森哲夫.在宅人工呼吸器使用特定疾患患者訪問看護治療研究事業の利用期間による利用状況の比較第22回日本難病看護学会学術集会,その他
21.松田千春*,中山優季,原口道子,小倉朗子,板垣ゆみ.外来通院中の筋萎縮性側索硬化症患者の療養行程におけるターニングポイントの意味第22回日本難病看護学会学術集会,その他
22.原口道子*, 中山優季.公開交流集会難病看護師の交流,専門性のシナジー効果・専門性の創出第22回日本難病看護学会学術集会,その他
23.原口道子*, 中山優季, 松田千春, 小倉朗子. 訪問看護事業所における安全管理体制と運営状況の関連第21回日本看護管理学会学術集会,その他
24.中山優季, *清水俊夫,松田千春,原口道子,板垣ゆみ,小倉朗子,川田明広.ALS患者での在宅人工呼吸療養の実施状況と死因罹病期間の関係についての検討第39回日本呼吸療法医学会学術集会,(座長推薦演題)その他
25.板垣ゆみ*,小倉朗子,原口道子,松田千春,中山優季.東京都の人工呼吸器使用患者の療養実態調査-難病医療費助成申請時の申請書と臨床調査個人票のデータから-第39回日本呼吸療法医学会学術集会,その他
26.原口道子*,中山優季,松田千春. 筋萎縮性側索硬化症療養者の治療法選択に関する外来看護支援の看護判断. 第11回日本慢性看護学会学術集会,その他
27.*柏木聖代, 清水準一, 其田貴美枝, 原口道子, 西崎未和, 川村佐和子. 訪問看護ステーションでの新しい実習のあり方‐地域包括ケアを担う看護師育成に向けて-. 第7回日本在宅看護学会学術集会. 2017.11.25, 甲府市. その他
 
ー TOPに戻る ー
© IGAKUKEN [ALS Nursing Care Project]
PAGE TOP