難病ケア看護データベース
 
  1. Home>
  2. 研究活動内容>
  3. 3. 地域ケアシステムの構築
 
研究・活動内容
 
 

 
3. 地域ケアシステムの構築
 

 難病者を地域全体で支えるために欠かせない難病保健活動の充実に向けた取り組みです。個別ケアのマネジメントは、介護保険サービスに基づきケアマネージャーによって行われることが増えてきました。しかし、個別ケアでは解決できない問題を地域全体の課題としてとらえ、地域にある資源を活用し、対応を導き出す難病保健活動は、地域包括ケアの時代と言われる現在の保健活動のモデルの一つとなりうるといえます。特に、難病医療法施行元年である2015年から、新たな支援体制の構築が求められています。



難病の保健活動(難病対策地域協議会)

調査結果の概要と今後の研究の展望等

 
ー TOPに戻る ー
© IGAKUKEN [ALS Nursing Care Project]
PAGE TOP