難病ケア看護データベース
 
  1. Home>
  2. information>
  3. イベント
 
イベント
 

終了いたしました。多数のご参加、ありがとうございました。

 

2018年11月13日更新

難病施策・難病の保健活動
進めよう!在宅難病者の災害時対策
-地震・豪雨災害での経験と各地の災害時対策への取り組みから学ぶー

平成30 年度厚⽣労働⾏政推進調査事業費補助⾦(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業))「難病患者の総合的⽀援体制に関する研究」研究班

 

お申込みを締め切りました。
多数のお申し込みをいただき、ありがとうございました。

 

 本年は多くの災害を経験しました。本セミナーでは、今夏の災害により、在宅難病者のみなさんに何が起こったのか、そしてどのような対応が必要であったのか、について学びます。 またあわせて人工呼吸器装着等在宅難病患者のみなさんへの、災害時の対策・支援ネットワークの拡充をはかるための難病保健活動について、各地の取り組みを伺います。
みなさまどうぞご参加ください。



日 時:2018年 12月 7日(金) 13:00〜16:30(12:15〜受付・開場)
会 場:AP品川 9階(L+M ルーム)
東京都港区⾼輪3丁⽬25-23 京急第2ビル(品川駅⻄⼝(⾼輪⼝)より徒歩3分)
対象者:都道府県、保健所設置市・特別区、その他⾏政に所属する保健師の皆様
定 員:70人
参加費:無料
申込⽅法:参加申し込み用紙にご記入のうえ、2018年11月20日(火)までにFAXにてお申し込みください
>>参加申し込み用紙ダウンロード


プログラム


13:00ご挨拶
13:10豪雨災害 -起こったことと保健活動‐

榎谷 優 氏 (倉敷市保健所)

13:30豪雨災害 当時の対応と支援者への聞き取りからわかったこと、その後の保健活動

重實 比呂子 氏・山本 実季 氏 (岡山県保健福祉部医薬安全課)

14:00豪雨災害 -起こったことと保健活動‐

上田 真理子 氏・上田 美恵子 氏 (京都府丹後保健所)

14:20豪雨災害 -起こったことと実施したこと‐ 訪問看護における体験から

安藤 眞知子 氏 (愛媛県訪問看護協議会 副会長)

14:40コーヒーブレイク
15:00京都府における「災害時・緊急時支援事業」、難病対策地域協議会等を活用する
在宅難病者の災害対策・支援ネットワーク拡充のための試み

千葉 圭子 氏 (京都府健康福祉部統括保健師長)

15:20東京都における、人工呼吸器装着在宅療養者への施策と災害時個別支援計画策定の推進

岡田 美保 氏 (東京都福祉保健局保健政策部疾病対策課)

15:35全体討論・まとめ

指定発言 原 慶裕 氏(綾瀬警察署警備課)

16:30閉会

● 展示・デモンストレーション / 協力 医療機器供給会社

お問い合わせ


公益財団法人東京都医学総合研究所 難病ケア看護プロジェクト 小倉朗子
Email ogura-ak@igakuken.or.jp
TEL 03-6834-2290(直) FAX 03-6834-2291(直)

 
ー TOPに戻る ー
© IGAKUKEN [ALS Nursing Care Project]
PAGE TOP